HOME  > 経営ブログ

経営ブログ

2022.06.27

本の処分

取締役 久末 博昭

 私の年になると,リタイア後の本の処分をどうするかは,結構大事な問題になります。 

 一口に本といっても ジャンルが色々あるわけですが, 処分の判断基準はリタイア後もう一度読み直す可能性があるかどうかです。仕事関係のビジネス本は,読み直す可能性はほとんどないと思っていますので.全て処分するつもりです。推理小説がメインですが小説はかなり持っていますので,これの仕分けが面倒です。もう一度読み直したい小説が本当にあるのかどうか,・・・本当はない気がします。実際に今まで二度読みした小説は一冊もありません。リタイア後にゆっくり読むつもりで買ってある本もあり, これらは処分しないつもりです。漫画本は結構二度読みしているで. これは簡単に処分できず,十分考える必要があります。 

 その他の分野としてエッセイやドキュメンタリー,新書,雑誌がありますが, 二度と買えそうもない絶版本以外は処分の対象です。今後の方針として, 傍線を引いたり何度も読み返したりする本以外は,原則電子本にするつもりです。小説を紙ベースの文庫本と,電子ブック(私の場合はキンドル本利用)で読み比べた場合,老眼が進んだ私にとって文字サイズの拡大ができる電子ブックが, 圧倒的に集中できて読みやすいというのが理由です。

  処分方法としては, 原則ブックオフに引き取ってもらうことを考えていますが, あまりに古くて汚れている本は買い取り対象外となります。その場合は毎月一回ある資源ゴミ回収日に, 古新聞やダンボールと一緒に廃棄するしかありません。多少抵抗があるのは,昔大金を払って購入した文学全集等の全集本です。装丁もしっかりしていて,もったいないという気持がのこります。漫画本は子供達が, 昔読んだ本も含めても結構あり, これも汚れすぎていると買取してもらえません。仮に買値が付いたとしても古い漫画本は私の経験では一冊五円くらいが相場となります。 

 本を処分するということは, 過去の感傷(読書の思い出)と,将来の実利(再読する機会)を捨て去ることになるので, なんだかんだ言っても, スパッと割り切れないところがあります。色々と処分の方法は考えているのですが, 果たして後1~2年で何が実行できて何が実行できないのか,今のところは不透明です。

 

2022.06.20

団塊世代、あの世にも塊で・・・

代表取締役社長 長澤 康夫

    最近読んだ本で団塊がんばれというのがありました。

現在一年に生まれる赤ちゃんは80万人ぐらいというところだそうですが、戦後の1947年から49年までの3年間は毎年270万、3年で810万もいた、まさに異常値の塊、まさに団塊の世代でした。

 

 とにかく子供が多いので遊びも勉強も常に一緒、受験戦争やら就職試験とやらも競争、こぞって結婚しては子供を育て、残業しても宴会は欠かせず、気が付いたら定年退職して年金生活者になり、いよいよ後期高齢者に今年から突入開始となりました。

 

 団塊の時代は田舎から都会へ出ていわゆる一旗揚げるという意識がありました。東京で大学受験の浪人をしていた12月、親父が東京に私の様子を見にきました。そして釜石へ帰る親父の背中を見たあの上野駅のホーム、あれ親父年取ったなあ、なんて思い今度は絶対合格しないとヤバイ、今でもあの夜汽車のテールランプを思い出します。

 

 就職でも日本IBMには1000人が入社しました。これはコンピュータの初期なので子供が多いという団塊論とはちょいと違いますが、母親に会社はFBIだって、といわれたことを今でも忘れません。

 

 まあとにかく塊のなかでたくましく生き抜いてきたんだから、おとなしい年寄りになんかならず外に出てやりたいことをやって、さっさとまた塊であの世へ行きなさい、というのが団塊励ましの言葉というわけですかね。

 

2022.06.13

回転する物の中心(1)

監査役 古川 正志

回転する物(質点-大きさはないけど重さはある-)には回転中心があります.考えなくても当たり前のようなことですが,少し考えてみます(重さは正確には力ですので.本当は質量とすべきですが,質量ではピンとこないと思いますのでここでは重さとしておきます)

 

 ある中心の周りを物が回っているとします,例えば,紐に物をくくりつけて手で回しているとか人工衛星が地球を回っている場合を考えます.この回転している物の回転速度をどう計算するのでしょうか.

 

 人工衛星が地球を回っている場合を想定します.地球の半径をrとします.今,あり時刻tの衛星の場所をp(t)とします.ほんのすこし時間がたつとき,このほんの少しの時間をΔtとします.そうするとほんの少し時間が経過した時の時刻はttになります(時間と時刻を区別しています).この時の人工衛星の場所をp(tt)とします.人工衛星がp(t)からp(t+Δt)への移動はほんの少しの回転で行われます.このほんの少しの回転角度をΔθとします.Δθの角度の単位をラジアン(rad)とします.

 

 ところで,一般に使用されている角度は度( °)が使われています.θラジアンとθ°(度)の関係は

   θ:θ°=2π:360°

と比例式になります.円一周の角度を360°としていますが,ラジアンでは2πとしています.πは円周率です.そうすると

   θ= 2π・θ°/360 または θ°=360・θ/2π

で計算されます.半径rの円がある点からある点までθ°(度)回転したとします.このある点からある点までの円弧の長さlは円周の長さと次の比例式となります.

   l:2πr = θ°:360

従って,

   l = r・θ°/360

と求まります.θ°の先ほどのラジアンの式を代入しますと

   l = r・[360・θ/2π] /360

となり,2πと360が約分されますので,円弧の長さは簡単な式

   l = rθ

となります.ラジアンを使用すると円弧の長さの計算は簡単になります.

 

 話を元に戻して人工衛星がほんの少しの回転角度をΔθ回転した時の人工衛星の移動した距離は,Δθを回転した時の円弧の距離になります.この距離をΔl としますと,ラジアンを用いた円弧の長さを使用して

  Δl = rΔθ

となります.速度は移動距離を計画時間で割ったもの(比)ですから,人工衛星の速度をvとすると

  vl t = rΔθ/Δt

となります.Δθ/Δt は回転角度を回転時間で割ったものです.時刻tの速度はほんの少しの時間増加Δtを限りなく0に近づけた時でこれを角速度と呼び,ωで表します.従って,人工衛星の速度vも時間増加Δtを限りなく0に近づけた時ですので,正確には

  vl tt →0) = rΔθ tt →0) = rω

で計算されます(Δt →0はΔtを限りなく0に近づける意味です).

 

 今,人工衛星が1回地球を回ったとします.そうすると回転した距離は2πrになります.人工衛星の角速度がω,その時に要した時間をTとすると回転した角度θはθ=ωTとなり回転移動した距離ll = rθ= rωTとなります.この二つの距離は等しいので

  2πr = rωT すなわちωT=2π

となります.これから人工衛星の角速度は

  ω=2π/T

となります.この1回の回転に要した時間を周期(時間)と言います.また,f = 1/Tと置けば

  ω=2πf

となります.fを周波数と言います.fは単位時間1(例えば1秒)を周回時間Tで割ったものですから,単位時間で周回した回数となります.

人工衛星の速度は周期を使うと,v = rωから

  v = 2πr / T

で計算できます.つまり,地球の半径と人工衛星の周期時間(地球を1周する時間)がわかれば,人工衛星の速度を計算できます.

 

 今回の話は人工衛星の速度を計算することではなく,ある物が回転運動をしている時の中心が目的です.速度は回転運動の中心からの距離と角速度からv = rωとして求められました.この回転半径rをどんどん中心に近づけ最後に0とすると速度も0になります.回転している物体で半径を小さくしていき速度が0となる点を回転運動の中心と考えることができます.この運動の中心を瞬間中心と言います.皿回しで棒が皿と接している点の回転速度は0でその点が瞬間中心です.また,歯車が回転している時では歯車の中心(軸)が瞬間中心でその点での速度は0です.

2022.06.06

ワールドカップイヤー

取締役 加藤 哲也

今年2022年は、4年に一度のサッカーワールドカップイヤーです。

毎回ワールドカップをテレビで観戦するのを楽しみにしていますが、
開催地によっては深夜の放送になるので期間中は寝不足になってしまいます。

今回の開催地はカタールということで、日本との時差は-6時間ですから
また寝不足になることは必至ですね。

先日、キリンチャレンジカップが札幌で開催され観戦してきました。
久しぶりに観戦する日本代表戦は4-1でパラグアイ代表に勝利して、
とても見ごたえのある試合でした。

前回日本代表戦を札幌で観戦した時は、ワールドカップ後で選手の
モチベーションも高くなくつまらない試合でしたが、
今回はワールドカップに向けての熾烈な最終選考が始まっているので、
各選手が最終メンバーに名を連ねるべく自身のプレーをアピールして
結果を追い求めていたので観ていて楽しかったです。

少し極端な発想かもしれませんが、私達の仕事は日々お客様の選考の対象
になっていて、日々自身の仕事をこなしていれば良いというものではありません。
プロジェクトにおいてお客様の言うことだけを聞き、迎合するだけでは本当の
意味でお客様の為にはなりません。
お客様の要求をしっかり理解し自身の特徴をしっかりアピールしてより良い
提案をしてお客様に選んでいただけなければ生き残ってはいけないと思います。

サッカーとIT、リンクして考えるにはいささか無理があるかもしれませんが、
選手が頑張っている姿に刺激されてそんなことを考えてしまいました。

話をサッカーに戻して、日本代表が戦う予選グループEは歴代チャンピオンの
スペインとドイツが同組ですから、予選突破は容易ではないでしょう。
しかし勝負に絶対はありませんから、日本代表も若手の台頭とベテランの
安定感がうまく融合できれば、ジャイアントキリングが実現して予選突破も
夢ではないと思います。

半年後のワールドカップ開幕が楽しみです。

2022.05.30

「千三つ(せんみつ)」

取締役 成田 輝満

千三つ(せんみつ)とはマーケティング用語として使われているようで、新し
い事は1000件のうち3件しか成功しないという確率を示す慣用句として使わ
れるようです。
 最初の発想は良くても、やってみたら上手くいかない事ってよくあります。
市場の変化や、関係者の優先順位の変更など、想定外の課題が発生して、上手く
行かない理由は沢山生まれます。
新しい事ほど課題が多く出るので、"千三つ"とはよく言ったものです。
一方で、諦めるというより、それだげ課題解決が多く発生する言葉として理解す
れば受入易いとも考えます。
 なので、上手く行かない理由で使うのではなく、997件の課題から学ぶ事が、
事の本質と考えています。
 言うのは簡単ですが、胆力と資本が求められるケースもあるので、最初に決め
たゴールを目ざす事は単純な事ではありません。

 失敗や課題を外部要因として思考停止するのではなく、それを乗り越えるため
に考え、試行錯誤していく人には応援したくなりますし、そのようなチーム、組
織でありたいと振り返るには良い言葉です。

経営ブログ著者一覧
長澤 康夫代表取締役社長長澤 康夫
成田 輝満取締役成田 輝満
加藤 哲也取締役加藤 哲也
久末 博昭取締役久末 博昭
古川 正志監査役古川 正志

月別アーカイブ

過去の記事一覧

  • RSS FEED
  • RSS FEED
  • ビジネスパートナー募集