HOME  > 経営ブログ

経営ブログ

2024.06.19

用心棒

監査役 古川 正志

 最近、BS放送で「ボディガード」と「荒野の用心棒」を懐かしく見てしまいました。ボディガードはケビン・コスナーがホイットニー・ヒューストンの警護を行うストーリーなのですが、二人がデートで黒澤明の用心棒を見るシーンがあります。その中のフィルムクリップで三船敏朗が白黒フィルムでわずかに登場します。印象的なのはその後にケビン・コスナーの自宅で日本刀の上からケビン・コスナーがスカーフを落とすとフワッと真っ二つに切れる画面が静止したようなところです。
 ところでこの黒澤明の用心棒を初めて観たのは1077年で米国コーネル大学で仕事をしている時でした。コーネル大学では毎週金曜日8時くらいから2ドルくらいで学生向けの映画をキャンパスで上映していて(多分サークルの活動)、ある月に日本特集を上映していました。その一つとして用心棒が上映されたのです。友人から日本映画が上映されると聞いて日本語が懐かしくて出かけました。用心棒のストーリーはある宿場で二つのヤクザのグループが敵対していて、その間を凄腕の主人公が上手く用心棒として渡り歩くのですが、最後に一つのグループに捕まり半死の拷問を受けます。しかし、居酒屋の親父に助けられ最後にヤクザを壊滅させるストーリーです。驚いたのは私が映画館に着いた時はすでに学生たちで満員かつ熱気がプンプンでした。そして最後に三船敏朗が演じる主人公がバッタバッタとヤクザを切り倒すと学生たちが口笛は吹く、拍手はする、立ち上がるで大喝采だったことです。私が子供の頃に映画館で経験したような感慨にとらわれました。
 この用心棒がセルジオ・レオーネによりリメイクされたのがクリント・イーストウッド主演の荒野の用心棒です。私が高校生の頃でしたが、あの印象的なポンチョとカウボーイハットの姿、エンニオ・モリコーネの音楽が今でも頭に残っています。それが偶然にもボディ・ガードとほぼ同じ時期にテレビで放映されました。ストーリーはニューメキシコのとある町を支配する二つの勢力が、主人公のクリント・イーストウッドによって壊滅されるもので、日本刀が拳銃、居酒屋がサルーン、最後に痛めつけられるがサルーンの親父に助けられ逆襲するとほとんど黒澤明の用心棒と同じです。ところでクリント・イーストウッドを知ったのは「ローハイド」という中学生の頃に放映されていたテレビドラマです。確か彼は若いカウボーイ役として出演していました。このテレビの主題歌の一節「ローレン、ローレン、ローレン」は口ずさみ易いせいか、大流行りで遠足の時にクラス皆んなで歌いながら歩いた記憶があります。クリント・イーストウッドは「荒野の用心棒」まで記憶から薄れていたのですが、「荒野の用心棒」の後、ハリウッドで「ダーティ・ハリー」に出演し一躍スターとなりました(「荒野の用心棒」はイタリア映画だったのです)。
 さらに「荒野の用心棒」はブルース・ウイルス主演の「ラストマン・スタンディング」でもリメイクされています。ストーリーはほとんど同じで、無敵のガンマンがある町のアイルランド系とイタリア系のマフィアを壊滅させる話です。このブルース・ウイルスは1986年頃にNHKの深夜バングで放映されていた「こちらブルームーン探偵社」で美人の経営者に雇われる日弱そうでだらしなくお喋りだけをよくする探偵として出演していました。深夜番組でしたので仕事から帰り私の奥さんが布団に入っている頃によく観ました。このドラマが彼にとってのデビュー作で、その後、性格が全く反対のタフガイとして「ダイ・ハード」でブレークしたのも驚きでした。

 「ボディ・ガード」からの私なりの連想ゲームと思い出をついつい書いてしまいました。

2024.06.10

袖すり(振れ)合うも他生の縁

取締役 加藤 哲也

座右の銘というほどではありませんが、袖すり(振れ)合うも他生の縁という言葉が好きです。

人との出会いについていろいろな表現の仕方がある中で、縁という言葉の響きが素敵だと思います。
縁にはつながりや関わり合い、ゆかりなどの意味があり、いずれにしても人と人の間を表現するものです。

どんな些細なことやちょっとした人との関わりも決して偶然ではなく、何かのご縁によって起こるという意味なのですが、運命論者でない私でもそういったことを感じることは少なくありません。
良い縁ばかりでなくそうでない縁も含めて、このタイミングで起こったことは意味があるのではと考えることで物事をポジティブに考えられます。

他人に鈍感でいると縁を見過ごしてしまう可能性があるので、これからも縁を感じて大切にしていきたいものです。

2024.05.27

再現性

代表取締役社長 澤田 知宏

 株主総会を無事終えて、任期である2年目に入りました。
まだまだ、社長としてしっかり経営出来ていると言えない状況ではありますが、自分なりのやり方で引き続き会社を経営して参りますので、どうぞご指導の程、宜しくお願い致します。
 さて、ついに私も今シーズン2度のゴルフコースデビューを致しました。
結局、年頭でもお話しました通り、それなりのスコアをうろうろ(悪くなっている・・・)としています。
また、最近特にお腹回りが太くなって来て痩せません。
その結果、ゴルフもイメージでは理解できても、体がその通りには動きません。
正確な方向に面を向け、しっかりとボールをクラブの芯で捉えて運び出す事ができるかにかかっていますが、毎回どの様な状況でも再現出来る様にするにはどうすれば良いのか?
色々と考えておりましたが・・・、結局、練習するしかなさそうです。
ボーリングではそれなりに再現性を高めて同じ様にボールを投げる事が出来る様になりましたが、ゴルフのドライバーの様に長い棒の先を安定させて毎回同じ軌道を描く事はとても難しいです。しかもコースに出ると都度条件が違い再現性を確保する事はとても難しく感じます。
自分の体の個性(癖)を知り、安定する打ち方を早く身につけたいものです。
前回、渡り鳥の話を書きましたが、渡り鳥は飛びながら片目を閉じることで脳を半分だけ眠らせることができるらしいですね、この様に自分の体を上手くコントロールする事が出来る様になりたいものです。
イメージ通りに体を動かす事が出来たら、もう少しスコアが良くなるかも知れないと、「たられば」で妄想しています。で、結論は「練習」する事にしました。

2024.05.20

スギナの季節

監査役 古川 正志

 今年の春は雪解けも早く、5月20日ですでに初夏の装いです。旭川から眺望できる大雪連峰や十勝連峰はすでに雪が冠雪ではなく簾状に見えます。あたりは八重桜も散り始め、札幌より遅いライラックやつつじ、アカシヤ、リンゴの花が今が盛りと俺・俺と競い合って咲いています。これは何を意味するかというと私にとって早く菜園仕事をやれやれと強制しているようなものです。重い腰を上げてとうとう菜園仕事に2週間前から取り掛かり始めました。
 菜園自体の大きさは10mx3m位です。菜園仕事は3年前から始めましたが、1年目は草ぼうぼうの土地をただスコップでひっくり返して畝を作り、土の盛り上げた部分に野菜の苗を植えたのみでした。ところが秋までとってもとってもスギナがモグラ叩きのように地面から吹き出してきて、1週間に2度はスギナの除去作業となってしまいました。友人に話すとスギナは根こそぎ撲滅しないと駄目だということで、2年目は雪が融けるとすぐにスギナ撲滅農作業。ところがスギナ撲滅作業は地面を25cmほど掘り返した土からスギナ自身の細い根や太い根、地面の底にネットワークのように広がる黒い根、スギナの根粒の除去、等で想像以上の悪戦苦闘、作業は3m幅を1mほど進んで1日の作業が終了といった具合で結局畳3枚ほどの畑が未着手で夏になり、スギナとの格闘は終了しました。
 根こそぎの効果は素晴らしく、1週間に一度ほど細々と生えてくるわずかなスギナと雑草を除去すれば良いので1年前の菜園作業は前の年と比較すると大幅な減少です。そして3年目の今年、昨年スギナを撲滅した部分は単に土を掘り起こして畝を作れば良いだけでしたので作業時間は大幅に削減しました。しかしながら一部は土を起こさないでそのままにしておいた所、なんと今年の気温の異常な上昇で雑草がぼうぼうとなってしまいました。土・日曜日はこの雑草ぼうぼうの部分を再度掘り起こしてスギナ取りというよりは雑草の除去、これがまた根が5〜10cmほど伸びてしまっていて土をホロって除去をする忙殺の時間となってしまいました。この作業もなんと3m幅を1mほど進んで1日が終了と根気のいる作業となりました。
 ほぼ雑草除去も終わりつつあり、先に起こした部分には野菜の苗を植えました。昔に親から聞いた「カッコウが鳴いたら種を蒔いたらいい」という言い伝えが、今は旭川の住宅地には全くカッコウが来なくなって種まきの季節がわからなくなっています。それでも「デェー・デェー・ポー・ポー」と山鳩の鳴き声は聞こえます。カッコウの代わりに山鳩で種まきを始めるのがいいのかも知れません。
 残りの仕事は、畳3枚ほどの残ったスギナ撲滅をしていない畑です。3m幅を1mほど進んで終える作業が待っています。憂鬱だけど農業(大げさかな)は手をかければかけるほど楽しみが大きいことも分かってきました。
スギナの季節、プログラムと同じように確実に少しづつ進んで成果があるのを根気よく続ける覚悟です(どこまで続くか)。

2024.05.13

精神論 否定派?肯定派?

取締役 加藤 哲也

時代の流れと共に精神論や根性論が否定されることが多くなりました。
確かに説明がつかない理不尽な精神論や根性論は必要ないと思います。
かくゆう私も学生時代は昭和の体育会(系ではなくゴリゴリの体育会)でしたから、まさに精神論・根性論の全盛期に指導者や先輩からの理不尽な指導や要求に反発したものです。
自身で自分のレベルを超えるために忍耐強く努力するあるいは追い込むことは当たり前と思っていても、他人から根拠なく根性だの頑張れだの言われることが嫌でした。

精神論や根性論というとなんだかイメージの良くないものに見えてしまいますが、心の在り様といいますかそういった言葉に置き換えると割としっくりくるのではないでしょうか。

何かを成し遂げるためには強い意志が必要になりますし、競争に勝ちたいと思えば相手より諦めない負けたくないなどの強い気持ちが必要です。
心技体という言葉があるように、テクニカルな部分やフィジカルな部分を十分に活かそうとするには心が伴わないといけません。
仕事においても成長するためには、心の在り様が生きてくるのではないかと感じます。

結果的に私は精神論肯定派ということになりますね。
皆さんはどちらでしょうか?

経営ブログ著者一覧
澤田 知宏代表取締役社長澤田 知宏
成田 輝満取締役成田 輝満
加藤 哲也取締役加藤 哲也
古川 正志監査役古川 正志

月別アーカイブ

過去の記事一覧

  • RSS FEED
  • RSS FEED
  • ビジネスパートナー募集