HOME  > 経営ブログ

経営ブログ

2019.09.20

カルテット

取締役 久末 博昭

 「カルテット」は,2017年1月から3月まで、TBSの火曜ドラマ枠(22時~23時)からで放送されたドラマです。脚本は坂元裕二,主演は松たか子で、満島ひかり,高橋一生、松田龍平の共演で平均視聴率は,さほど振るわなかったのですが,一部熱狂的なファンを獲得したドラマでした。私も最近新聞の映画批評欄で,このドラマを知りました。DVDを借りて全10話を見終わりましたので,その感想を書きたいと思います。 

 コミックを原作とするドラマが多い中で,これは完全オリジナル作品で,脚本家坂元裕二の代表作になったといわれています。「カルテット」とは主要キャラクター4名がそれぞれ第1,第2バイオリン,ビオラ,チェロの楽器を担当する弦楽四重奏からきています。ストーリーは、秘密を抱えた30代の男女4人がカルテット「ドーナツホール」を組み、軽井沢でルームシェアをしながらプロの演奏者を目指す人間ドラマです。

  ラブストーリー,サスペンス,コメディの要素がからんで,テンポ良くストーリーが展開して飽きさせません。弦楽四重奏がストーリーの根幹なので,随所に美しい弦楽四重奏の演奏が流れ,改めてチェロやバイオリンの音色はいいものだと思いました。出演者の演奏真似ぶりも見事で本当に演奏しているかのようでした。

  四人の男女の会話がストーリーを展開させるので,4人のキャラクターが際立つような会話が,次々と機関銃のようにぶつかり合います。緊張感と先の見えない不安で,この話はどう転がっていくのかが,想像できない面白さがありました。高橋一生が演じる彼は空気を読めないタイプで,妙なこだわりと屁理屈が得意で,こんな奴がいると面倒くさいだろうなと思わせます。松田龍平が演じる彼は草食系男子で,優等生タイプ,まとめ役で料理も家事も得意というイケメンです。こんな奴がいるときっと女性にもてるだろうなと想像させます。満島ひかり演じる彼女は,繊細でありながら,図太く自由に生きようとする女性の強さがあります。松たか子演じる彼女は一見優等生でみんなに好かれるタイプですが,強い意志の人です。

  2人が同時に別々の話を語り合って何の話か聞き取れなかったり,突然の話の間合いが長くなったり,会話の内容とリズムが今まで見たことのない新しさを感じさせました。出演者のアドリブは一切なしで全て脚本通りということですから,脚本家の力量は大したものです。

  4人の男女がルームシェアをしながら,お互いの恋愛感情を抑えて仲の良い友達として,プロを目指すという夢を語りあいます。一方ではアルバイトに,演奏練習に,食事に,買物に,掃除にと,日常生活も淡々と,愉快に過ごして行きます。

最近の若い男女の重くないライフスタイルの理想的な姿を描いているのだと思います。

 

2019.09.10

古くなるのは自分だけではありません。

代表取締役社長 長澤 康夫

昨年から輪番制のマンション組合の理事長を仰せつかりました。すると運悪く2回目の大規模修繕の
段取りが待っていました。組合メンバーに建築関係にお詳しい方がいらっしゃるので理事会のたびに
レクチャーを受けながらひたすら議事進行という羽目になっています。

 私のマンションは築26年ですでに築13年ぐらいには最初の修繕をしていますから今回は2回目ということ
なります。そこでそもそもマンションの寿命とは何年なんでしょう。プロ曰く、まあ50年で60年が限界かな、
今はやりのタワマンで100年、それでは一軒家は何年、まあ25年ぐらいかな、ということでした。

 我々団塊が100歳になったころ、例えば私のマンションは築54年ぐらいになります。まあ生きていない
だろうからいいのですが、はたしてリニューアルの方法はどうするのでしょうか?なんて
考え出すとそもそも道路や橋や堤防や我々の周りの公共的な物は全部同じ問題に直面してる
はず、そのころの税金の使い道は古いものを壊して新しいものを一生懸命作るコストに消えて
行くはずですよね。

 日本の高度経済成長を支えた公団住宅、私も新婚時代に仙台で住みましたが、日本全国の
公団住宅は老朽化し若人は住まない、満員電車で通勤した郊外の一軒家には子供は住んでくれず
廃墟になっていく、・・・まあ嘆いても仕方ありません、きっと街角リニューアル屋さんが現れて大きな
ビジネスにしていくんでしょうが。

 以上、会社の社長としては来年の決算が気になりますが、マンションの理事長としては30年先の日本が
心配になります。でもそういう肩書を離れた個人としては、今夜の酒のつまみが気になります、
ああなんと俺は近視眼的で小さい奴なんだろうと恥じ入るばかりです。理事長なんかやらなければ
良かったということでしょうか。

2019.08.30

昔取った杵柄(その2)

                   監査役 古川正志  

 前回,旭川のフェンシングを見に行った時の練習風景を述べました.このことを昔一緒にフェンシングを行なっていた友人に話すと,私も是非行ってみたいとなり,また,子供達の練習のお手伝いができたらと,再度,出かけました.友人は残念ながらある病気で入院してしまいましたので,結局一人で行く羽目になりました.大学で教鞭をとっていた頃に研究室の片隅においてあったナマズ(フェンシングの道具を入れるギターケースのようなバック)をマンションの押入れから探し出して,担いで行きました.と言ってもナマズには剣が3本ほどしかありませんので,それらにジャージと靴を詰め込んでです.

 緑の田園に囲まれた小さな小学校の体育館へ着くとすでに練習が始まっていました.今回は,人が少なく女性のコーチと3〜5歳くらいの子供が二人,車椅子フェンシングの青年が一人と行った具合です.他に,コーチのお子さんたち周りを走っているような和気あいあいとした雰囲気です.

 コーチから3歳くらいの男の子供のレッスンを頼まれ,久しぶりに拝借したユニフォームを身につけました.眼鏡をつけたままマスクを被ろうとしたのですが,マスクに顔が入らず,仕方なく眼鏡を外してマスクを被りました.視界は,遠くはダメですが近くは輪郭が少しボットするくらいなのでなんとなく大丈夫と思い込むことにしました.

 30年ぶりにフルーレの剣を持ち,サリュー(挨拶)をして初心者向けのレッスンを始めました.練習前は結構やんちゃに見えた子供も,私の会うのが初めての所為か大変素直で驚きました.まだ,初めて少ししか時間が経っていないとコーチが言っていましたが,腕を真っ直ぐに伸ばして相手に剣を向ける練習や,その体勢から相手の胸に左足を蹴って突く動作はなかなか上手でした.何より体が柔らかく動きにバネがあるのに驚かされました.

 ところが2分ほどするとレッスンを取っている私の方が息が上がってきました.子供に少し休もうねと言って1分ほど休みレッスン再開です.また,2分ほど行なって1分休み.10年ほどテニスも止め,運動といえば週1〜2回の3kmほどのジョギングしかしていませんでしたので,そのつけが回った感じでした.10分ほどでレッスンを終え,顔は平常を保ちながら,その実,はぁはぁの体らくでした.

 少し休むとコーチから2週間後に試合なので,子供達とファイティング(擬似的な試合形式の練習)を依頼されました.メタルジャケットを借りて着込み,電気剣にコードを差し込む,久々の感触です.

 3歳くらいの子供と試合のはじめのサリュー(挨拶)をし,開始しました.子供のフットワークが柔らかくバネがあってびっくりしました.2分も続けていると汗が吹き出し,完全に息が上がってきます.なんとか5分ほど続け終えましたが,続けて5歳ほどの子供も依頼され,再度,ファイティングを開始.二人は兄弟だったのですが,お兄さんである上の子はきちんとした構えもでき,フットワークも剣さばきも基本的なものは十二分にこなし,70歳の私にはこの上ない良い相手でした.

 ファイトを終えるとコーチが少し私とやりましょうかといことで2〜3分ほど休みを貰い,再度,ファイティング.8年前ほどにジョギングで痛めた右膝の心配があったので,抑えてなんて思いましたが,つい夢中,1分ほどで右太ももの内側の筋肉にピッツト音がしました.感じではテニスでやった時ほどの音ではなかったので,そのまま継続.足がもつれて2度転倒.でも,30年ぶりに楽しませてもらいました.

 これまでにない経験もしました.それは相手がふっと2度ほど視野から消えてしまったのです.勿論,相手が上手なのですが,こんな経験は生まれて初めてでした.車の運転中だと大変だと別のことを考えました.

 さて,後日談です.練習が終了した時は,太ももの軽い痛みと右腕の手首から肘にかけての筋肉痛を感じるくらいでした.腕の筋肉痛は剣を重く感じたのです.これも初めての経験です.次の日は大変でした.まず,右足の付け根に当たる腰の部分に軽い痛み.両足の付け根がカクカク.両膝の筋肉がピクピク.右のふくらはぎの筋肉痛.両足の太ももの前面がパンパンに張って筋肉痛.つまり,ベットから這い出すのが大変.車に乗り込むのが大変.階段を上るのが大変.これを年寄りの冷や水と言うんだとつくづく感じた次第です.

 一緒に練習した子供達.是非,2週間後の試合では全力を出して下さい.また,時間が取れましたら練習を見に行きます.

 

2019.08.20

『満身創痍』

取締役 高橋 俊一

夏休みも終わり、札幌もずいぶんと涼しくなってきましたね。
熱帯夜が続いた日々が嘘のようです・・・・
 
今年も、いよいよ北海道マラソン2019の時期がやってきました。
今週末の日曜日がレース本番です。天気予報も曇り23℃と、いつになく走りやすそうです。
例年、気持ちが高ぶる時期なのですが、今回は、すこしばかり違った心境です・・・
というのも当blogでもお話したとおり、足指の腱鞘炎になりましてまだ完治していません。
それどころか昨日、不注意にもギックリ腰になってしまいました。本当にトホホです。
レースを諦めきれずに、7月中旬からトレーニングを再開し、走っては患部が腫れ、氷で冷やして、ロキソニンで痛みを
紛らわすの繰り返しでしたが、騙しだまし何とか30km走も行い本番に向けた最低限の準備ができたと思っていた矢先の、ギックリ腰。
コルセットをして無理しないようにしていますが、果たしてどのくらいまで回復するのか?
全ての準備をして、出場するかどうかは、前日に判断しようと考えていますが、いずれにしても、まさに満身創痍で臨む大会になりそうです。
 
不思議なもので、こんな状況でも、気持ちは、萎えておらず、むしろ何とか走りたいと思っている自分がいます。
諦めが悪いというのか、悪あがきなのか解りませんが、結果がどうであれ、この状況と向き合ったその先に、
必ず何かがあると確信しています。
ということで、今回は、走れる事への歓びを感じながら、感謝の気持ちで臨みたいと考えています。
 
さて、どうなることやら、週末が楽しみです。乞うご期待!!

2019.08.09

真夏の事情

取締役 久末 博昭

  札幌の真夏といえる時期は7月下旬から8月上旬にかけての,ほんの1,2週間です。東京とは違う札幌らしい今年の真夏の事情を考えてみました。 

 今年は近所の豊平川花火大会が7月26日に雨の中,開催されました。私にとっては,自宅で花火の音だけ聞く花火大会なのですが,真夏の始まりのセレモニーだと思っています。その時は今年の夏はあまり暑くなりそうもないなと思っていたら,翌週から連日,日中最高気温が30度を超える日が2週間程度続きました。日中暑いだけではなく,湿度も高く特に夜になっても涼しくなりません。夕方会社から外へ出たとき感じた「蒸しているという」という感覚は30年以上前に東京で感じたものでした。 

 夜は窓を開け放して寝るのですが,寝苦しく東京の夏の夜のようでした。札幌の住宅は最近建てた家以外は,大概はクーラーなどついていませんので,せいぜい扇風機を回すくらいが暑さの防止策です。そんな寝苦しい夜が2週間程度続いたわけですから,札幌市民はすっかり寝不足状態になってしまいました。会社での挨拶は「暑い日が続きますね」で始まりました。

  朝の通勤風景とした男性の半分は半袖ワイシャツですが,残りは長袖ワイシャツをまくり上げるスタイルが多いようです。暑い期間が短いので,わざわざ半袖シャツまで買う必要がないのです。また背広を着ている人たちも1~2二割程度います。東京の通勤風景では男性サラリーマンのほとんどは半袖ワイシャツで,背広を持ち歩いている人はほとんどいないでしょう。 

 札幌の地下鉄には冷房がついていないので,夏は暑さ対策として窓を開けて,外の空気を車内に取り込むスタイルです。その為風の音でやたらと,うるさく話し声など聞こえません。車内のどこに立つかで風の当たり方がまるで違ってきます。私の経験では車内ではドアの側に立つのが最悪で,窓からの風がガンガンふきつけてきます。空気の流体力学の実験場になった感じです。一番風当たりが少ないのは,座席の窓と正面に向き合う場所です。一方市電も冷房がついていませんが,ノロノロ走るので窓から入る風がちょうど心地よく,以前は車内に吊るされた風鈴も鳴ったりして真夏の風物詩になっていました。

 こんな風に暑い暑いと言っている札幌の夏も,ある時夕方五時ごろ,開け放たれた窓から涼しい風が入ってくるようになったら,夏の暑さはピークを過ぎたことになります。

 

経営ブログ著者一覧
長澤 康夫代表取締役社長長澤 康夫
高橋 俊一取締役高橋 俊一
久末 博昭取締役久末 博昭

過去の記事一覧

  • RSS FEED
  • RSS FEED
  • ビジネスパートナー募集