HOME  > 経営ブログ

経営ブログ

2020.11.24

『New Gear』

取締役 高橋 俊一

立冬も過ぎ、札幌もずいぶん寒くなってきました。天候によっては雪が交る日も多くなってきましたね。
寒さ増す中、コロナの方もその勢いを拡大しています。警戒ステージが引き上げられたり、Go To除外されたり、
にわかに騒がしくなってきました・・・・こればかりは、これ以上の感染拡大が起こらないように祈るばかりです。
 
例年だと11月からは、Gym通いをするのですが、今年は、コロナの影響もあり、Gymを見合わせて、
いまだに外を走っています。それもいたしかたないと思っていますが、やはりだんだんしんどくなってきました。
昨日なども、雪が溶けてグシャグシヤの中で走りましたが、水たまりや雪で足が濡れて、寒いのなんの・・・・
足先がジンジンしてきました。雪もしっかり降り積もってしまった方が楽なのですが、当分はそうもいかず、悪路に悩まされそうです・・・・
対策といっては何ですが、おくればせながら、雪用のランニングシューズをGetしました。
どのくらい防水性があるのか、滑らないのか、試すのが楽しみです、といいますか何とかそれを
モチベーションにしてこの季節を乗り切りたいと考えています。
まあ、所詮単純なもので、何か新しいGearをGetしただけで気分があがるのです。
効果の程は、如何ほどなのか、いつから履けるのか楽しみにしている今日この頃です。
先日TVを観ていたら、100円ショツプの便利グッズがされていましたが、鍋の噴きこぼれを防止するものなどいろいろあったのですが、
何か機能的な商品やアイデア商品って惹かれますよね。
最近は、某働く人向けの衣料品などを扱うお店やそのカジュアル版のお店なども流行っているようですが、わかる気がします。
アウトドア用品などもそうですが、何となく特に男の人は、機能性の高いものに魅力を感じるのかもしれません。
さて、私の冬用シューズの機能性やいかに・・・・・
 
これからますます寒くなっていきます。体調など崩さないようにご自愛ください。
コロナに負けず、冬を乗り切りましょう!!

2020.11.10

今年の流行語大賞

取締役 久末 博昭

 ユーキャンから今年の流行語大賞候補30語が発表されました。私は毎年この中から,今年の流行語大賞を当てるのを楽しみにしています。 

 今年の特徴は,新型コロナウィルス関連の候補が圧倒的に多いことです。30語のうち以下の15語ですから,50%がコロナ関連ということになります。今年の春頃から,新聞・テレビはこれらの単語であふれかえりましたから,いやでも,これらの言葉は頭に入力されて,私は全て知っています。


新しい生活様式/ニューノーマル,アベノマスク,アマビエ,エッセンシャルワーカー,おうち時間/ステイホーム,オンライン〇〇
クラスター,GO TO キャンペーン,3密(三つの密),自粛警察,Zoom映え,ソーシャルディスタンス,テレワーク,濃厚接触者,PCR検査 

 エンタメ関連の流行語としては以下の9語で,30%をしめています。私としては,この中で実物をみたのはテレビのフワちゃんだけです。
愛の不時着,あつ森,顔芸/恩返し,鬼滅の刃,香水,時を戻そう(ぺこぱ),NiziU,フワちゃん,まぁねぇ(ぼる塾)
 
 政治・社会現象の流行語としては,以下の6語で20%をしめています。私の知らなかった単語は香水,AI越え,カゴパクの3語です。香水はヒットソング,AI越えは藤井棋士の妙手,カゴパクはスーパーでかごのまま持ち帰ることを意味するそうです。

ウーバーイーツ,AI越え,カゴパク,総合的/俯瞰的,ソロキャンプ 

 全体を眺めてみると,今年一年はこれらの言葉に翻弄されて,あっというまの1年だったと改めて思います。全く知らなかった単語は3語だけというのは,結構年の割には世の中の流行りものに,ついて行ってるほうかもしれません。 

昨年の流行語大賞OneTeamは,私の予想通りで気分がよかったので,今年の大賞も当ててみたいと思います。私の予想はソーシャルディスタンスです。この言葉が日本人の生活慣習や生活スタイルを短期間で強制的に変えてしまいました。人との距
離をあらゆる場面で保つという意識はこれまでないものでした。このスタイルを続けていて,コロナが収まってソーシャルディスタンス不要の時期になったら,人と近い距離で話せることが,どんなに楽しいことかを実感できるかもしれません。そんな時期が早く来てほしいものです。

2020.11.02

時代遅れが往生際良く。

代表取締役社長 長澤 康夫

ハロウインで渋谷が密になろうがどうしようが,最近では全く興味のない昭和生まれのただのおじさんになってしまいました。どんなに話題の漫画だろうがそれはいったい何なの、という好奇心が薄れてきました。
居酒屋にいくと若い女の子の店員が(私にとっては)異常に速いスピードでその店のシステムを説明します。
何か聞き返すと耳が遠いと思われて今度は大きな声で言い返されます。あの早口には着いていけないのですが、
3人の娘を育てた仲間が「長澤さん、あれ普通の若者が話すスピードよ」と教えてくれます。

 総和22年から24年までの団塊の世代から遂に総理大臣が生まれなかった、なんてマスコミが言ってましたが
それがどうしたのさ、と不快に思う22年生まれの私ですが、たしかにこの大きな塊が一斉にジジババになって
社会貢献もせずにただ年金支給日を待っている姿もあまりいいものではないかもしれません。

 70歳を超えて心から感じることは、その年の差、70代でよれよれの方もいれば90代でまだまだお元気な方も
いらっしゃる世界、いったいこの差は神様が下さったものなのか、親がくれたものなのか、自己管理の差なのか、
大変奥深いものがあります。それだけシニアーライフとは多様性に満ちたパターンがあるような気がします。

そんな中で私の人生訓は一つ、「往生際良く」、ということです。若い女の子の会話スピードについていけなくとも
ただのふらふらしてる塊のジジババと悪口を言われようと、最後は往生際良く、あの人の最後は見事であった、といわれたいものです。

ということでとりあえず再発したゴルフのパターのイップスを治すために練習場へ、今度こそドライバー新しくして・・・・え、往生際悪い?

2020.10.20

森林浴とニューラルネットワーク

                                                                                    監査役 古川正志

今から5〜6年前かと思います.東京のあるIT関連会社が森林浴を目的に北海道旭川市で宿泊研修を行いました.旭川市は北海道の屋根と言われる大雪連峰を東に,そして十勝連峰を南に望み,市の中央でいくつかの川が石狩川に合流する盆地の中にあります.市の西には京都を真似て名付けられたと思われる嵐山があり,そのふもとには北方植物園があります.嵐山の頂上にある展望台からは旭川市内が一望でき,天気の良い時は大雪連峰や十勝連峰を見渡すことができます.

 嵐山のふもとからその頂上までは徒歩で30〜40分くらいで,その間の山道は大きな森林となっています.先の某IT関連会社はこの森林に目をつけ,約1週間,毎日森林浴を目的として社員が山径を歩き過ごすというものでした.

 森林浴は,ストレスの改善,意欲・エネルギーの回復,気分の改善,自律神経系の改善,などに効果があると言われ,その人体にもたらす有益な秘密はフィトンチッドと呼ばれる「森林の香り」あるいは「木の香り」にあるそうです.また,フィトンチッドは体をリフレッシュするだけでなく,抗菌,防虫,消臭などの効果もあるそうです.

 その会社の社長の話では,東京のオフィスでの疲労の回復や心身のリフレッシュにはうってつけとのことでした.勿論,早寝・早起きで飲酒等は禁じたそうです.その効果は帰郷後もしばらく持続し,また,オフィスに「森林の写真」の展示を行う,「森林の香り」の香料を置くことで,森林浴のリラックス感がより戻されるため,仕事の効率化も望めるのだそうです.

 社長と私の話の中で,どのような天気の時に「木の香り」フィトンチッドがたくさん木々から発生するのだろうかとなりました.そこで,国立大学を退職したのちに勤務した私立大学の研究室の学生に「木の香り」フィトンチッドの量をデジタル化することを卒業研究テーマとして行ってもらいました.幸いにも大学は野幌森林公園が目の前の場所にありましたので,野幌森林公園を10mほど中には入ったところで3ヶ月半ほど「香り」の測定を行いました.香りの測定は,臭い計を購入して行いました.測定には他にも天気,湿度,気温を記録しました.天気,湿度,気温を入力とし,臭いの強度を教師データ(ラベル)して三層のニューラルネットワークを学習させ,今日のこれらのデータを入力するとニューラルネットワークがその時の臭いの強度を出力できるようにしたのです.

 この研究を通して意外なことが分かりました.私たちは快晴で気温も高く湿度が低い時に「森の香り」すなわち臭い計の強度が最も大きな数値を示すことを想定していました.ところが臭い計の強度が最も大きな数値を示したのは,気温・湿度が高い雨上がりだったのです.この研究の目的の一つは森林浴に適した天候を調べることも含んでいたのですが,雨上がりが森林浴に適しているとは思えませんでした.

 森林浴をよく調べると,森林浴は「森の香り」だけではなく,青い空,木々の緑々した色,鳥のさえずり,小川のせせらぎ,木洩れ技の光,等が総合的に作用しているようでした.

 先日,テレビの天気予報を見ていてお天気キャスターが「雨上がりは水蒸気が地上近くに漂うで,香りがそれに付着し地面や草木の匂いがする」と話していたのを聞き,ふとこの話を思い出しました.

 

2020.10.12

『手首、寝違えた!!』

取締役 高橋 俊一

最近は、朝晩めっきり涼しくなってきました。
夕方17:00過ぎには、暗くなってしまいますし、日に日に秋の気配が色濃くなる季節です。
コロナもなかなか収まる素振りを見せず、これから寒くなりますから拡大に要注意といったところでしょうか・・・・
 
先月末の事ですが、水曜日の朝から左の手首に違和感を感じていました。
まあ、軽く捻ったのかな程度で、なるべく安静にして様子をみていたのですが、
次の日は、患部が腫れあがり、揚句の果には、痛みで夜も寝れないくらいになってしまいました。
慌てて病院に行ったのですが、レントゲンを撮って、痛み止めと貼り薬を処方するので精一杯・・・・・
手首を固定する装具は、翌週に長距離ドライブの予定が入っていたので助かりましたが・・・・・
医者の方にも、本当に思い当たるふしはないのと何度も尋ねられました。
しかしながら全く思い当たる原因がなく、昨年、足の腱を怪我したので、何か良からぬ病なのでは、
なんかの祟りかなどとあることないこと想像をふくらませるしまつ、不安になるばかりで結局は解らずじまいでした。
そんな中、先週、ある方とお話していてたら、夜、寝ている間に首や肩を寝違えるように、知らずに変な形で
寝ている間に手首を折り曲げていたとか、ようは手首の寝違えのような現象が実際にあるのだそうです。
なんと、その方も実際に経験したのだとか・・・・
半信半疑でしたが、何かとても納得させられた次第です・・・・信じられないような事があるのですね。
腫れや痛みが引いてきているのもあり、何とか寝違えということで一件落着という事にしたいと思います。
 
今年は、コロナといい、プライベートでもいろいろとありましたので、本当に厄払いにでも行こうと考えたほどです。
寒くなる前に、疫病退散とはいかないものですかね。
 
 
 
経営ブログ著者一覧
長澤 康夫代表取締役社長長澤 康夫
高橋 俊一取締役高橋 俊一
久末 博昭取締役久末 博昭

月別アーカイブ

過去の記事一覧

  • RSS FEED
  • RSS FEED
  • ビジネスパートナー募集