HOME  > 経営ブログ

経営ブログ

2020.06.01

映画館の再開

取締役 久末 博昭

  コロナ感染症対策・緊急事態宣言で営業自粛になった商売の中で,コロナ騒ぎが終息した後に映画館が復活できるか心配です。外出自粛で多くの市民は自宅で飽きるほど読書やテレビやゲームに時間を費やして,自宅にいるのが嫌になった人が大勢いるでしょう。また映画やドラマをオンデマンドで見る習慣が定着する機会にもなったと思います。こんな時期に敢えて交通費をかけて映画館まで足を運ぶ理由がどんどんなくなってしまいます。競馬場,競輪場,パチンコや雀荘であれば根強いファン層がいて営業再開後にはすぐ客足は戻ると思うのですが,映画館はそれほど固定ファン層がいるわけではなく,営業再開したら観客がすぐ映画館に殺到するとは思えません。 

考えて見れば映画館という施設はコロナ感染防止という観点で見ると,悪い条件が随分と重なっています。密閉された空間に何百人も集まり,並んでおしゃべりしたり,飲んだり,食べたりして,2時間は身動きできずにじっとスクリーンを見続けるのですから良い訳がありません。今まで何の疑問も持たずに映画の世界にどっぷりつかって,非日常の時間を持てる最高のエンターテイメントと思っていた映画館が,コロナ感染症に存在そのものを否定されたような感じでまさにピンチです。 

今回ようやく緊急事態宣言が解除されて営業再開が始まりましたが,映画館に関しては入場制限して四方を空席にして座るとか,入れ替えごとの消毒とか,厳しい条件が付けられています。例えば定員200人の座席を50人でバラバラに占有するとした場合,不人気の映画を上映して客の入りが少ない状況を常に維持するということになり,商売として成り立たなくなる心配があります。 

いつも観客が十数人しかいなかった,学生時代に通った場末の映画館を思い出してしまいます。大事なエンターテインメント施設である映画館を今後も残していくために,映画館と映画ファンが一緒に知恵を絞らねばいけない時代となりました。

 

 

2020.05.20

暗い部屋から一言

代表取締役社長 長澤 康夫

会社がテレワークになって在宅となっていますが、丁度それと同時期に私はマンションの大規模修繕と勝ちあいまして大変な思いをしております。マンション全体が黒いカバーに覆われて、そこを職人さんがあちらこちらへ移動し、外からはタイルを剥がす電動ドリルの音が間断なくしてきます。従って部屋のカーテンは閉めっぱなしでまるで逃亡者のような生活です。

 たまたま輪番制の理事長が回ってきて、今回の大規模修繕の担当となってしまいました。建築関係にお勤めされてた方々が住人にいらっしゃいましたのでそのアドバイスを拝聴して何とか工事開始というところにきたのですが、今回コロナと重なり毎日工事の音を聞きながら生活する羽目になってしまったというわけです。

 マンションの寿命というのは50年ちょっと、最近の超高層マンションは100年ぐらいまでは設計されてるそうですが、やっぱり耐久年月に限りがあります。戦後から75年、インフラと呼ばれるものはみんな古くなりました。我々の先輩が作り上げてきた何とかタウンは次第にゴースト化してきました。とりあえず街が本格的にゴースト化する前に自分のほうがお先にゴーストになってしまうので、我々は何とかなりそうですが、自分がやっと手に入れたこのマンションが重機で破壊される日がいつかは来ると思うと人間の一生なんて小さいものですよね。

 まああまり悲観的になっても仕方ありません。今回のマンションの改修費決定にあたって住民の皆さんの、自分の住んでる場所がいつまでも高い価値があるようにしておきたい、住んでて気持ちのいい環境にしておきたい、という純粋な気持ちが、あと何年住めるかなんて考えずにいい修繕をしてね、いつまでも価値あるマンションにしてね、という温かい応援になったのはうれしいことでした。
ゴーストになるまで頑張るしかないか・・・・

2020.05.08

COVID-19と微積分

                                                                                監査役 古川正志

今年の連休中はコロナウイルスのため,ステイホームが要請されました.仕方なく,家の片付けや窓ふき,掃除,そしてテレビの乍ら視聴,気晴らしに近くの公園でのジョギングの生活となってしまいました.旭川の自宅近くの石狩川の隣の公園は私のジョギングのコースなのですが,人出もちらほらで,桜だけがこの春を満喫しているようです.といっても寒い日もあったので桜も春を満喫とはいかなかったかも知れません.という訳でどうしても話題はCOVID-19になります.

 某全国紙の26面には,毎日コロナウイルスの感染者数の累計推移がグラフで掲載されています.テレビで発表される感染者の推移は毎日の感染者数で,累計推移はあまり発表されないので興味深いものがあります.累計推移は車でいえば走行距離数で,毎日の感染者数は1日の走行距離に相当します.この累計推移の棒グラフの輪郭をみるととても滑らかな曲線で,まるでシグモイド曲線のようです.シグモイド曲線とは成長曲線とも呼ばれ,初期の曲線の増加はほとんど無いのですが,途中から恐竜の尾から背中に至るような曲線で立ち上がり,その後もっとも高いところでほぼ一定になるような曲線をいいます.生物の成長が同じ様なグラフになるのでそう呼ばれます.シグモイド曲線はAIで使われるニューラルネットワークの活性化関数にも使用されています.

 ところで近似的には,一日の感染者数は数学の微分に相当します.つまり,累計曲線の増加量になります.微分の値は累計曲線の差分に相当します.逆にいうと,毎日の感染者数すなわち微分の値を足し合わせていくと累計曲線になります.いま,累計曲線の日毎の感染者数の関数をF(日時)とします.このとき日毎の感染者数すなわち微分を関数f(日時)とします.そうすると微分の値は,近似的に

  f(ある日)={F(ある日)--F(ある日の前日)}/(一日)

となります.逆に,積分は

  F(今日)=f(0日目)x(1日)+f(1日目)x(1日)+...+ f(ある日) x(1日)...+ f(今日) x(1日)

となります.

 こう述べると,毎日発表される感染者数は凸凹しているのでおかしいのではないかと考える人もでてくるかもしれません.その時は,感染者数のグラフを滑らかに描いたような曲線を考えてみて下さい.この曲線がf(日時)を表しています.積分の式から微分の値を求める公式が数値計算にあります.積分の式F(日時)が与えられると,f(ある日)の値は,

  f(ある日)=1/2[{F(ある日の翌日)--F(ある日)}/(一日)

                   +{F(ある日の前日)--F(ある日)}/(一日)]

で求めます.つまりある日の翌日からある日までの増えた人数と,ある日の前日からある日までの増えた人数の平均を取って計算します.従って,f(日時)の曲線は滑らかになりますから,感染者数のグラフを滑らかに描いたような曲線になります.

 こうして得られた曲線は,今後に同じようなことが起きた時のシミュレーション式になります.微分•積分は高校か大学のときに教わりますが,私たち一般社会とも多くかかわりがあるのです.

 ところで,昨日(5月7日),留萌沖に鰊の群来が観測されたとのニュースがテレビで報じられました.ひよっとしてと思い月齢を確認したらやはり,15日で満月でした.自然界のいとなみの不思議さを感じました.

2020.04.20

『外出自粛・・・』

取締役 高橋 俊一

新型コロナウィルスの感染拡大が止まりません。
先週は、急事態宣言が全都道府県に拡大され、また、北海道も特別警戒都道府県に指定されました。
我が社も、明日から本格的に在宅勤務が開始されます。
今は、我慢の時です。感染拡大防止に向けて、一人ひとり出来る事をやりましょう!!
一日も早く日常を取り戻せるように祈りつつ、共に見えない敵と戦っていきましょう。
 
まさにウィルスは目に見えないので厄介ですよね。
数年前に、米マイクロソフトの創業者であるビル・ゲイツさんが、人類最大の脅威は
「戦争よりもウイルス」とパンデミック(世界的大流行)の発生をいち早く予言していたのだそうです。
信疑の程は、わかりませんが、この手の天才には、何かが見えていたのかもしれませんね・・・
 
外出自粛に伴って、外食の機会がめっきり減りましたよね。
最近は、普段あまり口にしない食材や食品を取り寄せたり試したりして、飽きが来ないように工夫しています。
その中で、最近はまっているのが、「ぎばさ」という海藻です。
秋田の郷土料理らしいのですが、めんつゆやポン酢などをかけて良くかき混ぜて食べます。
味噌汁などにそのまま入れても磯の香りがして、美味しくいただけます。
まあ、海藻なので味はしないのですが、驚くべきは、そのネバネバ度合いです。
他のネバネバ系の食べ物と比べても、驚くほどのネバネバ度なのです。これが不思議とクセになります。
まだ試していませんが、個人的にはごはんと一緒に食べても美味いのではと思っています。
その他では、辛いものにもチャレンジしています。辛いラーメンや麻婆豆腐などで、いつもと少し違う
味覚を楽しんでいます。自粛中のささやかな楽しみといったところでしょうか・・・・
 
私にとっては、外出自粛も辛い事だけでもなく・・・
というのもGymが休館しているので、結果的に例年より2ケ月早くロードワークを始めています。
今年は、比較的雪解けも早かったので助かりました。Runの距離も伸びてきて順調にトレーニングできています。
でも、レースは、洞爺湖、千歳なども開催中止になっているようで・・・当面は、いたしかたないですね。
最近Runしていると、親子でウォーキングしたりジョグしたり、サイクリングしている方々を良く見かけます。
また、普段走っていないであろう方々が、Runしているのにも遭遇します。
サイクリングロードも天気の良い日は、いつもより人が多い状況です。そんな中、すれ違いざまに「こんにちは!!」
と声を掛け合う機会も増えています。何かしらの一体感が生まれて少し幸せな気分にさせてくれます。
そういえば、これと似た状況が胆振東部自身の時でした。
 
早く皆で笑える日が来る事を祈りつつ、皆でもう少し頑張っていきましょう!!
 

2020.04.10

コロナウィルスとの戦い

取締役 久末 博昭

 世界中がパンデミックになり,新型コロナウイルスに脅える毎日が続いています。 

 緊急事態宣言も発出されて,いよいよ状況は悪化してきました。私は団塊の世代なので,戦争の記憶はもちろんありません。しかしこの疫病の恐怖は,映画やドラマで見た第二次世界大戦中の世界を覆っていた暗黒の恐怖と同じに思えます。いつ空襲に襲われるか,わからず息をひそめて暮らしていた戦時中の日本のようです。最新の医療技術をもってしても感染拡大の歯止めが出来ず,毎日テレビニュースを見るたびに今日は感染者は何人増えたとか,何人亡くなったとかという話ばかりで気持ちは暗くなってきます。 

 このパンデミックが,コロナウィルスいう強敵との戦争だと考えれば,自分や家族の身の守り方の意識も変わってきます。当然,都会にいる家族を疎開させようとする動きも出てきます。東京の感染拡大防止で地方への移動を自粛するよう言われていますが,家族の命には代えられないという東京脱出の動きが加速してくるでしょう。 

 現実的には長期戦になるでしょう。ワクチンか特効薬が出来て世の中に普及するまでの期間,なんとか感染せずに,生き延びる術を必死で探すしかありません。戦場では,いつ弾にあたるか,爆風に飛ばされるか,ある意味運しだいです。見えない敵と立ち向かうために,できることは極力危険な目にあう確率を減らすことだけでしょう。 

 外出を控える要請等というのは,空襲のさなかに外出しないほうがいいですよと言っているようなもので,海外の大都市のように,もっと強力に人の移動を止めるべきではないでしょうか。生き残らないと経済復興もないわけですから。 

 9年前,東日本大震災で災害救助で献身的に働いた警察官,消防官,自衛官は多くの国民から称賛されました。現在医療の前線で必死に働いている医師や看護師,病院スタッフの皆さんには,心から感謝しています。市民として彼ら医療従事者を精神的にも,物量的にもあらゆる手段を使って支えるべきだと思います。メディァも医療崩壊しそうだという暗いニュースも必要ですが,医療従事者に感謝しているというメッセージをどんどん流すべきだと思います。 

 私は2月頃から,外出から帰ったら必ず石鹸をつけて手洗いをほぼ100%実施しています。土日でも,ほとんど外出せず,通勤の行き帰りは,駅や地下鉄の人込みの中を通るのでマスクをしています。使捨てマスクの買置分も少なくなってきたので,昔使ったガーゼマスクを箪笥の引き出しから探し出して,洗濯をしてアイロンをかけて使っています。使捨てマスクがドラッグストアで入手出来ない状況になるなんて想像もできませんでした。 

 ガーゼマスクのサイズが小さくて,顔が随分と大きく見えるのにはガッカリしました。はやくこんな状況が思い出話になる時期がくることを祈っています。

 

経営ブログ著者一覧
長澤 康夫代表取締役社長長澤 康夫
高橋 俊一取締役高橋 俊一
久末 博昭取締役久末 博昭

月別アーカイブ

過去の記事一覧

  • RSS FEED
  • RSS FEED
  • ビジネスパートナー募集