HOME  > 経営ブログ

経営ブログ

2018.05.21

縮小日本

代表取締役社長 長澤 康夫

   昨夜のNHKで縮小する日本についての特集をしていました。これから我々団塊世代が高齢化していくと
ひたすら社会保障費の負担が増加していき、それを支えるはずの現役の労働人口が減少するわけですから
日本は縮小一筋の道をまっしぐら・・・これを支えるのは二つ、高齢者をもっと長く働かせるか、あるいは
外国人労働者を大量に入れるか、ということになるという番組でした。

 まあ番組の中身は議論するつもりはありませんが、私を含む団塊の世代が高度成長を達成した原動力の筈だったのに、
いつの間にか長生きしてしまい、今や金食い虫で困った集団みたいに呼ばれているような気がして多少気になりました。
でもよく考えると人口問題は昔から判っている問題なので、今頃縮小日本なんてテレビで特集されるのはおかしい、
これだけ優秀な官僚たちがいながら消費税上げるのにも政治状況で右往左往していますが、特に団塊世代が
現役官僚だったころは一体何をしてたんだろう、なんてあらためて思ったりもしました。


 でもわが身に振り替えると私も現役バリバリの頃には、日本縮小なんてまったく考えもしませんでしたし、仕事も
遊びもひたすらがんばっていて日本中が充実していたような気がします。でも団塊の一人としてあの頃にでも
警鐘を鳴らしていた方々がいらっしゃったわけでしょうから、その方々には素直にお詫びしなければならないんでしょう。

 今朝の真っ青に晴れた空を観ながらふと昨夜の縮小日本のテレビが頭をよぎりました。

縮小というのは必ずしも悪いことばかりではないよなあ、経営だっておかしくなったら縮小均衡させてからやり直すわけで・・・
それではどこまでの縮小は許容されrのか、どこまで我々は高福祉高負担を許容するのか、日本人としての
将来の国のあり方をどう整理するのか・・・月曜日からこんなことを通勤途中から考えている団塊は偉いと思いませんか、皆様。

 

2018.05.10

『春を感じて・・・』

取締役 高橋 俊一

GWは、如何お過ごしでしたでしょうか?
前半は、桜も満開で、まあまあお天気にも恵まれて行楽日和でしたね。
後半は雨まじりで少し肌寒い日もありましたが、しっかりと春を満喫したGWでした。
 
私はというと、走り込みよろしく、陸上部の合宿のような生活を送っておりました。
4月迄は、Gymも契約しているので、このGWあたりから本格的な外Runを始める事になるわけですが、
このGW中だけでも、120Kmくらい走ったでしょうか・・・・
シーズン通してみても、なかなか連日、Runする機会もないものですから、さながら合宿といったところです。
まだ、身体がGymから外Runに切り替わっていなのもあって意外にきつい思いをしながら走っていました。
おかげで、顔も若干、日焼けしましたし、外Runにも大分、適応出来たと思います。
特に前半は、サイクリングロードの白石あたりの桜並木(これがなかなか見事なのです)でお花見を兼ねて楽しめました。
 
毎日毎日、起きて、ストレッチ、筋トレ、外Run、日ハムTV観戦、食事、入浴マツサージ、就寝・・・の繰り返しでした。
そんな中で、特に後半は、清宮君が1軍昇格してきたので、楽しみが一つ増えた感じでした。
是非、大谷君なきファイターズの救世主になってほしいと思っています。(昨日のプロ第1号HRも凄いあたりでしたね。)
 
それと合宿のもう一つの楽しみは、なんと言っても食事です。
この連休中は、筍を頂いたり、近所を探しまわったりして何とか2度ほど食べる事ができました。
春生まれの私は、筍が大好物なのです。まさに旬を感じる春の味覚の代表的存在ですよね。
ほろ苦く、ほんのり甘いその味は、季節を味わっているような気にさせてくれます。
煮たり、茹でたり、筍ごはんや孟宗汁など、存分に春を味わいました。
ただ、毎年思うのですが、北海道では、採れないためかあまり筍を食べる文化がないですよね・・・・
スーパーに出回るのもほんのわずかの期間に限られてしまいます・・・でもその分、有難く春を味わいました。
 
Runも仕事も新シーズですし、野球も開幕1月で、今年の新人が活躍しています。
いろいろな意味で新たなスタート、春を感じた連休でした。
 
さあ、GWも終わって5月も中旬です。
この週末くらいから、20℃をこえる日も増えてきそうです。新緑の季節にまっしぐら・・・
はりきっていきましょう!!
 
 

2018.04.23

オンデマンドサービス

監査役 久末 博昭

 

 定期的にビデオレンタル店に通う私としては,以前からビデオのオンデマンドサービスには大変興味がありましたが利用していませんでした。利用しなかった理由はいくつかあります。

 -テレビをインターネットに接続する方法論がわからず面倒くさい。

 -自宅に無線LANはあるのですが,このスピードで映画やテレビの映像が鑑賞に耐えられるか不安。

 -有料ビデオの費用は,普通にレンタルで借りる値段とあまり変わらず費用が高い。

 -見たい作品が揃っているかという心配。 

 最小の初期投資でオンデマンドを体験してみようと思い,今年アマゾンのプレミアム会員になってみました。fireTV用のステイックを購入してTVにとりつけ視聴し始めました。 

プレミアム会員のメリットとしては,

 -ネット通販の送料無料

 -プレミアム会員専用に映画ドラマ見放題,音楽聴き放題

 -限定されたKindle電子ブックを年間無料で数冊購入可能 といったところです。

一方デメリットは,

 -会費として1カ月400円かかる。

 -プレミアム会員専用以外の動画は有料なので,有料作品を見始めると費用がどんどん高くなる。

 

 3ヶ月ほど使ってみての感想としては,音楽は十分聞きごたえがあり,無料の映画・テレビはそれなりで,Kindle本はおまけのレベルです。音楽については,アマゾンが用意してあるプレイリストがなかなかよく出来ていて,その時の気分でクラシックやポプュラー,ジャズまで幅広く色々な音楽を聴くことが出来ます。例えば朝出勤前にリズムを整えるクラシックとか,寝る前のヒーリング音楽とか,音楽に疎い私にはとても選択できないようなラインナップがされてBGMとして大変気に入っています。媒体としてもPCやiPad,スマホでも聞けるというのがミソです。

 

 プライム会員専用の無料の映画やTVドラマはそれなりにといった感じで有料でも見たいと思う作品はあまりありません。それでもジャンルとして洋画や邦画,アニメ,TVドラマと幅広く,見逃したTVドラマやレンタルで借りてみるまでもないが,無料ならちょっとみたいといった作品が結構あります。また有名なオンデマンドサービス会社の窓口がありますので,有料でもお目当ての作品を探そうとするる人には便利だと思います。 

私自身はアマゾンから余り物を買わないので,通販の送料無料というメリットはあまり享受していません。

  プライム会員は,安い初期投資でオンデマンドサービスの世界を初めて体験してみるには良いサービスだと思います。気が付いたら私の周りには,WiFiのLANルーターと無線中継器があり,fireTVスティックでテレビもインターネットにつながり,PCやiPad,スマホでオンデマンドサービスを活用してそのコンテンツを観賞しています。1年前にはこんな環境になってるとは想像していませんでした。

 

IT技術の進歩のすごさの身近な例といえるでしょうか。またこれから1年後自宅の環境はどう変わってるのでしょうか。まだロボットとは話して以内と思いますが,AIスピーカー位はあるかもしれません。。

 

2018.04.16

お粗末ながら

代表取締役社長 長澤 康夫

   この役員ブログは会社のHPの鮮度を保とうという発想で開始したものですが、結構 月に一回のノルマは大変です。また鮮度を維持するために一生懸命書いている著者、 つまり我々の若さの鮮度は残念ながら毎年落ちてますから、会社のHPに対しては何となく,申し訳のなさというかいろいろな反省をもたらしてくれますが,さて今後どういう展開になるんでしょうか。

  また私が「文章をうまく書く方法」という本で勉強した時にいろいろそのコツはあったのですが,今でも覚えてることが一つだけあります。それはあくまで自分の体験の中から感じたことを書きなさい、ということでした。例えば私が今土俵での女人禁制について書いても,それは新聞の受け売りでそれ以上のものは絶対に書けないわけで,確かに読む方からしたら面白くないことは明らかです。


  そんなわけであまり面白い話ではないんですが、先週私が東京出張で体験した話題です。浜松町から京浜東北で大宮に向かっていましたが,途中で人身事故があり東京駅で降ろされました。駅員からは中央線で新宿へ行って,埼京線で大宮へ行きなさい、というガイドでした。 まじめにその通りに各駅ながら何とか大宮につきました。まあ埼京線も初体験だったし今日のところは 良しとしようと納得しました。

  夜の宴会で田町からやはり京浜東北で大宮に向ったお客さんと一緒になりました。 お昼は人身事故で大変だったでしょう、と私が話しかけたら、一言、そうなんです、仕方なく東京から新幹線で来ましたよ、ということでした。私には大宮へ新幹線を使うという発想はまったくありませんでした。


 これは冒頭に掲げた私自身の鮮度の問題です。それから実体験という文章作りのルールに無理やり乗せたという結果で誠に申し訳ありません、今回はまったく価値のないブログになってしまいました。

2018.04.09

『ITとは・・・』

取締役 高橋 俊一

 
札幌は、まだ肌寒い日が多いですが、雪も解け、春を迎えています。
4月です。春です。新年度のスタートです。
今期は、HITグループということで新たなスタートの年になります。
2018年度も、改めまして宜しくお願いいたします。
 
先日、ある会社の役員の方と夜、ご一緒する機会がありました。
そういえば、その方は糖尿病を患っておられまして、以前、GOLFをご一緒した時には、
ハーフの休憩時に指先から採血して血糖値を測っておられ、天候や体調を加味して、
その後の食事や後半のラウンドに備えられていたのを思いだしました。
すると、会食中におもむろに、万歩計のようなものを取り出して二の腕にあててピッとやられていたので、
気になって「それ、何ですか?」と尋ねてみると、何と最新の血糖値を計測する機器だという事です。
触らせて頂くと腕に10円玉くらいのセンサーを付けて、血糖値を記録するのだそうです。
万歩計のような機器をあてると、その時の血糖値が表示される仕組みなのだとか。
「とても便利になったと」おっしゃっていました。
2週間分のDataを蓄積できて、血糖値が上昇傾向なのか下降傾向なのかもわかるそうです。
まさに広義でいえばIT技術が医療の分野に活かされた好例だと思います。
血糖値の低下は、集中力欠除につながることからスポーツの世界でもブドウ糖のタブレットを摂取したりしていますが、
サツカーJ1の横浜Fマリノスの選手もこの機器で血糖値を測定して効率的な食事や糖分補給に役立てているとか・・・
また、最近の学習塾では、勉強の前に甘いものを食べさせたりしているらしいです。
 
この話から、ITを使った新たなビジネスモデルの話で盛り上がり、健康から食や食育の話、果ては高齢者向けのサービス
へと話は発展していきました。
 
我々が考えている以上に、IT技術は、生活に浸透してきていますし、自動運転やAIなどと難しい事を言うまでもなく
様々なビジネス、や社会インフラ、生活の一部としてなくてはならないものになってきています。
何となく、我々の仕事の意義というか重要性というか・・・再度、考えてみるきっかけになりました。
 
いよいよ、ットで注文していた今シーズンの練習用のシューズが届きました。
今年は、フラッシュイエローのやつで、とてもPOPな気分になります
Runの方も、今シーズンの走りに思いをはせ、ワクワクしてきました・・・
 
心機一転、仕事もRunも新シーズンをスタートいたします。
引き続き、宜しくお願いいたします。
経営ブログ著者一覧
長澤 康夫代表取締役社長長澤 康夫
高橋 俊一取締役高橋 俊一
久末 博昭監査役久末 博昭
林 立晴執行役員林 立晴

過去の記事一覧

  • RSS FEED
  • RSS FEED
  • ビジネスパートナー募集