HOME  > 経営ブログ

経営ブログ

2017.09.19

老人の日

執行役員 林 立晴

918日は「敬老の日」だった。昔は全く気にしなかったのだが、最近は何歳から「老人」

になるのだろうか、と気になってしまう。

政府は65歳以上を前期高齢者、75歳以上を後期高齢者と位置付けているようなので、一般的には65歳からが老人に分類されるのだと思う。昨日のニュースでも65歳以上の老人が全国で3500万人を超えた、と報道されていた。日本の人口の28%が老人に分類される。

ただ最近では65歳でも若い人が多く、自分ではまだまだ老人じゃない!と思っている人が大半のようだ。60代の人たちは皆、7075からを老人にすべきだと思っているようだ。

電車の優先席に正々堂々と「これは自分たちの席だ」と座ることのできる人を老人と考えて良いのではないか。

 

つまらない言葉使いのことになるが、「こどもの日」や「成人の日」という国民の休日がある。なぜ「老人の日」ではなくて「敬老の日」なのだろうか。

これも若い人にとっては、どちらでもほとんど同じ意味で変わりは無いのだろうが、老人手前、老人成り立ての人にとっては「老人の日」ではありがたみが感じられないのだろう。

いままで長く生きてきた人たちを敬い、長寿を祝う日という意味が伝わる「敬老の日」としたほうが、多くの国民の共感を得るのだと思う。

 

幸いというべきか、子供たちからはお祝いの言葉やプレゼントも貰うことが無かった。

自分ではまだ少しだけ若い気持ちでいるのだが、同時に3つ以上のことをやろうとすると、どうしても1つは忘れそうになったり、失念することもしばしばである。

顔を覚えていても名前が出てこない、ということは頻繁である。クイズ番組では「あ、これ分かる」と思っても正確な用語がでてこない。やはり年相応ということです。

 

しかし、10年後には65歳以上の人口が3割を超えて4割に近づくのではないか。

そんな時代になったら今の年金制度や老人福祉制度は破たんしないのか?これは必ず生じる、避けて通れない大問題だと思う。

若者の意見を聞きながら、老人の意見をできるだけ取り入れる、そうしないと選挙に勝てないといった難しい時代を迎えることになろう。

 

2017.09.11

レンタルの時代

監査役 久末 博昭

   世の中はレンタルの時代になっています。食品と生活消耗品(洗剤,トイレットペーパー等)以外,ありとあらゆる物がレンタルできる時代になってきました。衣食住の内,衣服と住居はほとんどレンタル可能です。家の中を見渡しても,家電製品,生活用品,本,CD/DVD,自動車,自転車にいたるまで,レンタルできないものはないと言えるでしょう。
 
なぜレンタルビジネスが盛況になり,多くの人々が活用するようになったか,いくつか理由があると思います。
 
 一つ目は生活がある程度豊かになって,物を所有することにさほどの喜びや満足感を得られなくなったということです。昔のように生活が豊かでなかった時代は,物を買って所有することがある意味,人生の目標でした。お金を貯めて洗濯機やテレビ,冷蔵庫,自動車を買うことができれば十分な喜びで満足感を得られました。しかし現代のように,生まれた時からそういう物が完備されている環境で育つと,所有していることが当たり前で,さらにどうしても欲しいと夢中にさせる物がないということになります。
 
 二つ目は,人々の関心が物を所有することより,その物を活用して,どれだけ満足できる時間を過ごせるかに優先度が移ったことです。ある場所のイベントに出かけるためには,わざわざ自動車を所有するのではなく,レンタカーやカーシェアリングを活用するとか,そのイベントにあった衣服や道具をレンタルするとかして,いかに少ない費用で満足できる時間を過ごすかに,知恵をしぼることが当たり前になっています。
 
 世の中がこれだけ何でもレンタルできる時代になったわけですから,いっそのこと毎月定額料金をはらえば,食品以外の生活に必要な,ありとあらゆる物をレンタルしてくれる生活用品まるごとパッケージレンタルサービスでも始めてくれないかと期待してしまいます。もっとも人間を対象にすると,レンタル恋人,親,子供,親戚となり多少胡散臭くて,犯罪の匂いもしますが。
 
 親元から独立した若者は,レンタルセンターの会員となり,自分の所有物は一切持たず,すべてレンタルセンターからのレンタル品で一生を終えるというのは,あながち妄想とばかりは言えないと思います。終活で一番困るのは個人の所有物の廃棄でしょうから,最後はすべてレンタルセンターへお返しというのは,すっきりして理にかなっています。
 
 レンタルの時代は,この世は仮の姿だから,物欲を捨てなさいという,宗教的な教えを具現化した時代なのかもしれません。
 

2017.09.04

ご愛嬌さま

代表取締役社長 長澤 康夫

    今週は年に一回の会社の健康診断があります。私へのお医者さんからのコメントは毎回決まって減量の
 お勧めです。とにかく毎日アルコールを飲んでは過食そして睡眠不足などなど生活習慣病とやらの典型を
 まだこんな歳になっても続けてるのですから当然といえば当然な話です。

  定期健診とは普段のあるがままの姿を見せることが正しいこととは十分理解していますが、人様の前では
 多少ええ格好しいの癖が抜けきれず、一か月前から節酒、摂食、早寝などの努力をしてきました。
 先週始めあたりは順調に減量も実現出来てたのですが、先週末に東京からお客様が来札されてついつい盛り上がって
 しまいジンギスカンに夜中のラーメンコース、一夜にして私は立派な体に復元されてしまいました。

  この事象は将来、ケアマネージャーが私の介護認定に来たら、なんでも出来そうな全く問題ないようなことを答えては周りから
 怒られる爺さんのパターンかもしれません。介護が必要がないなんて判定されてるのに家内の前ではよれよれになって
 毎日怒られてるかも知れませんね。

  でもちょっとだけ、背伸びして、若いつもりでいて、老いを認めない、そんな往生際の悪い人生もなかなかいいかもしれない
 と考えますがいかがでしょうか。まあ生命維持装置をつけて延命するかどうかという深刻な議論ではないわけですから、
 ちょっとした気持ちの持ちようで健康寿命を延ばせるなら、まあ往生際の悪さなどは武士道の精神には反しますが、
 この年頃、団塊世代の男たちのいわばご愛嬌様でお医者様にも許してもらえると思うわけなんですが・・・。

  お医者様からの助言・・・長澤さんの22歳のころの体重にしなさい・・・イッツ アンビリーバブル!

  私からの回答・・・長澤の22歳のころはあまりにもカッコよくてもう復元できません・・・バカヤロー!

2017.08.28

『作戦変更・・・』

取締役 高橋 俊一

昨日、快晴の天気の中、北海道マラソン2017が開催されました。
私も、今回で5年連続での参加、もはや夏の恒例イベントになってきています。
さて、今回のチャレンジは、如何に・・・・・
 
前回のBlogでもご紹介いたしましたが、今年は、50Km走、42Km走を敢行し、
冬場もインターバル走でのスピード強化を実践して、例年になく仕上がっていました。
本当に調子が良くて怖いくらいで、逆に不安になるくらいでした。
 
今年の作戦は、トレーニングで走力があがった事が実感できていたので、5:20~30/Kmのラップで、
サブ4を実現する作戦を立てていました。
しかし直前で、暑くなりそうなのと前半のとばし過ぎで失速した昨年の苦い経験から悩んだ末に作戦を変更しました。
前半から30Kmくらいまでは、ゆっくり抑えて走って、後半に脚を残す事にしました。
はてさて、この作戦変更が吉とでるか、凶とでるか・・・
 
大会当日、5時15分くらいに起床、外は晴天です。今日も暑くなりそうな予感がします。
例年、だいたい暑いので、あまり動揺はしていませんでした。
朝食、簡単なストレッチを済ませて、7時15分、いざ決戦に向かいます。
のんびりJogしながら地下鉄の駅に到着します。何人かのRunnerと乗り合わせて大通公園にむけ出発です。
スタート地点の西5丁目で手荷物を預けて支度を整えます。この辺も、もう手慣れたものです。
8時過ぎにスタートブロックに整列して、9時の号砲を待ちます。
ここでも今日の作戦を反芻して、前半は無理せずひたすら我慢と自分に言い聞かせます。
 
スタート~5km    
スタート直後は、大渋滞することは折込済だったので、無理せず集団に流れを合わせて走ります。
5:50/kmくらいのペースだったので遅くて焦れていましたが、ウォーミングアツプと思って、我慢と割り切って
走ります。ド゜リンクを持参していたので5Kmの給水(例年、混雑がひどい)はパスしました。
 
5km~10km
とは言っても、あまりにも遅いので、無意識なのですが5:30/kmくらいにペースアップ。
まだまだかなり余裕がありましたが、だんだん暑さを感じるようになってきました。これぞ北海道マラソン!!
 
10~20Km
やっと走りやすくなってきました。
ここでも自重してペースをあげないように我慢の走りを続けます。あっという間に20Km通過です。
但し、抑えていたので、20kmを01:56台と遅いペースに少し焦りを感じましたが、30Km以降に
取り返せると信じて走り続けます。
 
20km~30km
ハーフで2時間を超えていたので、焦りを募らせつつも、補給も予定通りに済ませて、新川通の折り返しを過ぎます。
折り返した事で、精神的には、少し余裕が生まれます。ここでも30Kmまでは我慢しようと自分に言い聞かせて
自重して走ります。ただ、少しずつ疲労を感じ始めてきました・・・・
 
30km~40km
マラソンは、30Km以降と良く言われます。まさにここからが勝負です。
気持ちは、よし行くぞという感じでしたが、なかなか脚が動きません・・・・アレッ?
ここまで抑え気味にしていたハズなのに・・・・なんとか粘りますが、ペースも6分台/Km落ち始めます。
ペースを5分前半に戻せないまま、無情にも40Km付近で4時間が経過してしまいました。
こんなハズじゃあなかったのに・・・という思いに強く苛まれましたが、後の祭りです。
 
~Goal
何とか気持ちを立て直して、ペースを維持してGoalしました。
結果は、ネットタイム4時間17分でした。昨年よりは、タイムも走りも良くなっていますが、
目標としている、過酷な北海道マラソンのサブ4は、お預けとなってしまいました。
 
トレーニングの過程や、走力向上は図れたと満足していますが、仕上がりが良かっただけに悔しさが残ります。
50Km走を共にしたRun仲間には、「高橋さん、前半で、どこか故障でもした?」と言われてしまいました。
完全に作戦失敗といったとこでしょうか・・・ペース配分含めて作戦をどう立てるか、場数を踏むことも大切かなと思っています。
こればかりは、やり直しも効きませんし、次回に向けた経験にしたいと思います。
 
まあ、この辺もマラソンの奥深さですかねぇ~
新たな闘志がかきたてられています。次に向かって走りだします。私のチャレンジは、まだまだ続きます。乞うご期待ください!!
 
Challenge yourself and have Fun!!

2017.08.21

将棋界の話題

執行役員 林 立晴

最年少プロ棋士である藤井聡太4段が、プロの公式戦で29連勝を飾って歴代最多となり話題になりました。その後3敗を喫し、今は26勝3敗で勝率は8割9分6厘です。

将棋の世界は勝ち続けると、次々と相手は強敵ばかりになり、連勝は難しくなります。

藤井四段もこれからは相手に研究もされるでしょうし、強い相手との対戦が増えてくるので今までのような成績は難しくなっていくことでしょう。

調べてみると、プロ公式戦の最高年間勝率は中原名人が1967年に記録した8割5分4厘です。なんと50年前の記録です。

藤井四段がこの記録を塗り替えることができるかどうかが、将棋界の話題の一つです。

50勝8敗となれば勝率が8割6分になりますので新記録達成となります。これから来年3月末までに24勝5敗の成績を取れれば良いことになります。今中学3年生ですから、最年少で最高勝率達成になれば歴史的な快挙です。

 

もうひとつ気になる話題は、里見女流五段が奨励会を抜け出て四段(プロ棋士)になれるかどうかです。藤井くんが話題になったことで奨励会の仕組みが度々テレビで説明されましたが、プロ棋士になれるのは奨励会でトップ2名だけです。現在、里見三段(女流五段)は奨励会での成績が6勝8敗ですので、今季は絶望的です。26歳の誕生日を迎えると強制的に奨励会を退会せざるを得ません。残すはあと半年だけです。頑張ってもらいたいです。

なぜ女性がプロ棋士になれないのか、は永遠の謎ですが、女流棋士の棋譜を見ると男性と比べて大きな特徴があります。一つは振り飛車が多いことです。男性では振り飛車党は2割くらいだと思いますが、女流のトップ棋士では約5割が振り飛車を指します。

もう一つは指し手が長いことです。男性の場合は平均95-120手で勝敗が決着します。それに対して女流の場合は120-130手ぐらい掛っています。これは粘り強いというよりは、最短手順で相手の王様を詰ますことが少ないのが原因だと思われます。形勢が良くなった時に、安全な手順で勝ちにいくからだと想像しています。

囲碁の世界では女性も同じ土俵で戦っています。早く将棋の世界でも女性がプロ棋士になることを期待しています。